社会課題

社会課題の記事一覧

  • 米ヒルトン、「パーパスなき企業に明日はない」

    ■日本・韓国・ミクロネシア地区の運営責任者ティモシー・ソーパー代表インタビュー■ 創業から100年を迎えたホテル業界世界最大手のヒルトンで日本・韓国・ミクロネシ […]
  • リコーJで増え続けるSDGsキーパーソンとは

    リコージャパンには「SDGsキーパーソン」と呼ばれる社員が約400人いる。毎月オンラインで最新の社会課題を話し合い、各部署に伝える指南役だ。同社の社員数は約1万 […]
  • 藻谷ゆかり氏・藻谷浩介氏が語る「六方よし経営」

    オルタナは10月18日、読者会員向けセミナー「『六方よし経営』を語る」を開いた。「六方よし」とは、近江商人の「三方よし」に「作り手よし」「地球よし」「未来よし」 […]
  • 京丹後と美濃加茂がソーシャルビジネス都市へ

    京都府の京丹後市と岐阜県の美濃加茂市が10月3日、ソーシャルビジネスを軸にまちづくりを展開していくと発表した。京丹後市の中山泰市長と美濃加茂市の伊藤誠一市長は同 […]
  • 神戸の老舗が開いた「サステナブルベーカリー」

    パンで社会課題を解決する創業75年の老舗ベーカリー「ケルン」(神戸市、壷井豪社長)は、同社初のサステナブルベーカリー「日々ケルン」を9月4日に、JR摂津本山駅前 […]
  • なぜ環境省は社会起業家を支援するのか

    環境省はこのほど、環境・社会課題の解決を目指す20―30歳代の若手起業家を支援するプロジェクト「TJ(トランスフォーマー・ジャパン)ラボ」を始めた。TJラボでは […]
  • パリ五輪はソーシャルビジネスを推進

    2024年パリ五輪は、調達総額70億ユーロの25%をソーシャルビジネスや中小企業へ発注する方針を打ちだしている。調達に関する入札案件でソーシャルビジネスに門戸を […]
  • 環境省「TJラボ」、U30の社会起業家を公募へ

    環境省はこのほど、環境・社会課題の解決を目指す20~30歳代の若手起業家を支援するプロジェクト「TJラボ」を発表した。TJラボでは、公募した若手起業家に対して、 […]
  • 高校生が「源平合戦の金環日食」を再現

    高校生が社会課題を解決するビジネスモデルを発表する「高校生みんなの夢AWARD2」が8月4日、オンラインで開かれた。全国から153人がエントリーし、10人がファ […]