パリ協定

パリ協定の記事一覧

  • 軽視された「赤道原則」:化石燃料など200件に融資

    自然環境や地域社会に多大な悪影響を与えかねない石油・ガス開発、鉱山開発、発電所建設、ダム建設への融資を自己規制する「赤道(エクエーター)原則」の加盟金融機関が2 […]
  • 岸田首相「化石火力のゼロエミ化に1億ドル」

    COP26演説全文 英グラスゴーでCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開幕した。岸田文雄首相は11月2日、首脳級会合で「化石火力をアンモニア・ […]
  • 「木質バイオマス発電停止を」日韓NGOが共同声明

    海外の森林で伐採された大量の木材が「バイオマス燃料」として発電所で燃やされている。森林の生物多様性や気候変動への影響が大きいとして、日本と韓国の環境NGO(非政 […]
  • COP26直前、押さえておきたい主要アジェンダ

    11月1から12日、英・グラスゴーで国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が開かれる。企業が脱炭素化を目指す上で、今回のCOPで話し合われる内容は […]
  • 大手194社、「30年に再エネ50%」提言

    脱炭素を目指す大手企業194社が参画する日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)は9月9日、経産省が示した第6次エネルギー基本計画(エネ基)の素案につい […]
  • なぜ環境省は社会起業家を支援するのか

    環境省はこのほど、環境・社会課題の解決を目指す20―30歳代の若手起業家を支援するプロジェクト「TJ(トランスフォーマー・ジャパン)ラボ」を始めた。TJラボでは […]
  • 日産が脱炭素目標「SBT」から承認、国産車初

    温室効果ガス(GHG)削減の国際枠組みであるSBT(サイエンスト・ベースト・ターゲット)はこのほど、日産自動車に対して「2℃を十分に下回る」(WB2.0℃)の目 […]