ESGインタビュー

  • サラヤ×ABC「キッチンで始まるSDGsの第一歩」

    ■サラヤ×ABCクッキングスタジオ 「誰一人取り残さない」というスローガンのもと、2030年までの目標を定めたSDGs(持続可能な開発目標)。ABC Cooki […]
  • 脱炭素に向き合い、国際目標「SBT」にも復帰

    ■日産自動車 田川丈二・専務執行役員CSOインタビュー■ 世界の自動車メーカーが一斉に「EV」化に進む中で、国産勢も「脱炭素」に向けて大きく舵を切った。日産自動 […]
  • 自民総裁選4候補が考える「脱炭素」とは

    オルタナ編集部は、9月29日に投開票が迫る自民党総裁選挙を前に、河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏の4候補に脱炭素政策に関するアンケート調査を行った […]
  • ユニリーバ「持続可能ブランドは69%速く成長」

    サステナビリティ経営で知られるユニリーバは、「売上高を 2 倍、環境負荷を半分にする」という「サステナブル・リビング・プラン」の期間を終え、アラン・ジョープ現C […]
  • 積水ハウスのガバナンス改革、役員は4階層に

    ■豊田治彦・積水ハウス常務執行役員兼ESG経営推進本部長インタビュー■積水ハウスがESG経営を進めている。環境面では、ソーラーパネルで電力を自給する省エネ住宅の […]
  • 点在するキャンパスのフロン管理で負担を軽減

    ■フロン排出抑制法 違反は処罰の対象に■ 政府は2030年度における温室効果ガス削減目標を、2013年度比の46%減に引き上げた。代替フロンなど4種類のガスに関 […]
  • 「国境炭素税は市場変革のシグナル」

    ■高村ゆかり・東大未来ビジョン研究センター教授インタビュー■ EU(欧州連合)が2026年から導入を検討している「国境炭素税」を、日本や日本企業はどう捉えるべき […]
  • 富士通ゼネラル、30年にカーボンゼロへ

    ■富士通ゼネラル 斎藤悦郎社長インタビュー■ 富士通ゼネラルは「2030年度までにカーボンニュートラル」と意欲的な脱炭素目標を掲げた。事業活動で使用する電力を、 […]
  • 「日本の大学も『気候非常事態宣言』の発出を」

    ■山本良一・東京都公立大学法人理事長インタビュー■東京都公立大学法人が7月16日、日本の国公立大学で初めて「気候非常事態宣言」(CED)を出した。同法人の山本良 […]