http://www.alterna.co.jpから転載]

日本でもESG(サステナブル)投資が全体に占める割合(2020年、GSIA調べ)が24.3%と、4年前から20ポイントも増えた。世界全体でも約3分の1がESG投資だ。一体、誰が投資家を動かしているのか。投資信託「ひふみ」シリーズを運営するレオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長の藤野英人氏は、「突き詰めると市民」と言い切る。(聞き手はオルタナ編集長・森 摂、オルタナS編集長・池田 真隆)

藤野 英人(ふじのひでと) 
レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長 
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス創業。
「ひふみ」シリーズ最高投資責任者(CIO)。投資啓発活動にも注力し、JPXアカデミーフェロー、東京理科大学上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、叡啓大学客員教授を務める。一般社団法人投資信託協会理事。近著に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『14歳の自分に伝えたい「お金の話」』(マガジンハウス) 。

■「投資する側の見識」も問われる時代に

――ESG投資が高まっていますが、一方で「投資する側の見識」も問われる時代になりました。

私たちが投資における社会的責任として強く意識していることは、投資先の企業の先には消費者、つまり市民・国民がいるということです。

投資という経済行為は、投資家と企業の取引だけではなく、国民まで含めて全部がつながっているのです。投資家として、このことを理解することが大事です。

大学生など若い世代に教える機会がありますが、彼ら/彼女らと話しをすると毎年、サステナビリティへの関心が高まっています。この流れは加速していて、いずれはサステナビリティを意識しない企業には就職しないし、モノやサービスは買わない時代になると思います。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ