http://www.alterna.co.jpから転載]

COP26演説全文

英グラスゴーでCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開幕した。岸田文雄首相は11月2日、首脳級会合で「化石火力をアンモニア・水素などのゼロエミ火力に転換するため、1億ドル規模の先導的な事業を展開する」「(途上国の温暖化対策支援として)600億ドル規模の支援に加え、新たに5年間で最大100億ドルの追加支援を行う用意がある」といった声明を発表した。(オルタナ副編集長=吉田広子)

COP26で演説を行った岸田文雄首相(UNFCCCの動画配信から)

今回のCOP26の主なポイントは、

1.各国が1.5度目標に整合した削減目標に引き上げられるか

2.削減目標を実現するための政策・施策が提出されるか(石炭火力発電の廃止など)

3.第6条をはじめとしたルール作りで合意できるか(市場メカニズムなど)

――だ。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ