http://www.alterna.co.jpから転載]

大阪府・大阪市と独家庭用浄水器メーカーBRITA Japan(ブリタジャパン)は10月27日、海洋プラスチックごみ問題をはじめとした環境分野での事業連携協定を締結した。「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の実現に向けて、マイボトル・給水スポットの普及拡大や環境教育などに取り組む。大阪府・市が同ビジョンをテーマに民間企業と環境分野の事業連携協定を締結するのは初だという。(オルタナ副編集長=吉田広子)

事業連携協定の協定式で

大阪府・大阪市は2019年6月に開かれたG20大阪サミットで、2050年までに海洋プラスチックごみによる新たな汚染をゼロにする「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を策定した。

その実行計画として、「2030年度に大阪湾に流入するプラスチックごみの量を半減する」といった目標を掲げ、「プラスチック製品の使用抑制と環境への流出の削減」「あらゆるステークホルダーとの連携」などを柱とした施策を展開している。

それらを推し進める取り組みの一環として、今回の事業連携協定が実現した。

協力内容は、マイボトル・給水スポットの普及や海洋プラごみ問題に関する啓発、海外への情報発信、水辺の清掃活動、環境教育などだ。具体的には、ボトル型浄水器やタンク型浄水器の提供や店頭での情報発信、大阪府内の高校生を対象にした環境教育の実施などを予定している。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ