http://www.alterna.co.jpから転載]

オルタナは10月18日、読者会員向けセミナー「『六方よし経営』を語る」を開いた。「六方よし」とは、近江商人の「三方よし」に「作り手よし」「地球よし」「未来よし」の3つを加えた経営理念だ。『六方よし経営』(日経BP)を出版した経営エッセイスト・藻谷ゆかり氏と、地域エコノミスト・藻谷浩介氏(オルタナ客員論説委員)が登壇し、社会課題の解決につながる企業事例について語った。(オルタナ編集部=吉田広子、山口勉)

「六方よし経営」について語る藻谷ゆかり氏(左)と藻谷浩介氏

「六方よし」は「和のSDGs」

「六方よし」とは、近江商人の「三方よし」(売り手よし)(買い手よし)(世間よし)に「作り手よし」「地球よし」「未来よし」を加えた経営理念で、元国連職員の田瀬和夫氏が提唱した。

藻谷ゆかり氏は、この「六方よし経営」を「和のSDGs(持続可能な開発目標)」と表現し、「これからの経営は『六方よし』でなければ生き残れない」と強調する。

「すべて必須なのは大前提だが、今後注目すべきは『地球よし』『つくり手よし』ではないか。環境問題に取り組まなければ人類は生存できない。まずはすべてのベースとなる『地球よし』が重要だ。企業にとっては『つくり手よし』が実現しなければ商品やサービスを供給できなくなる。従業員に限らず、供給元の企業も良い状況なのか、無理をさせていないか、といった点にも配慮しなければならない」(ゆかり氏)

続きは「オルタナオンライン」サイトへ