http://www.alterna.co.jpから転載]

11月1から12日、英・グラスゴーで国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)が開かれる。企業が脱炭素化を目指す上で、今回のCOPで話し合われる内容は重要な意味を持つ。主要アジェンダを紹介する。(オルタナS編集長=池田 真隆)

COPではネット・ゼロを目指して気候変動対策を話し合う

「すべての道はCOP26に通じていた」――。こう話すのは、IGES(地球環境戦略研究機関)の田村堅太郎・上席研究員だ。昨年末の気候野心サミットを皮切りに、今年は環境関連の国際会議などが相次いだ。

4月には日本が2030年までに46%削減を発表した気候リーダーズサミット(バイデン大統領主催)、6月には、1.5℃目標とネット・ゼロ(温室効果ガスの排出量と吸収量の相殺)にコミットしたG7首脳級会合を開いた。

8月には地球温暖化は人間の活動による影響が大きいと断言したIPCCの第6次報告書、そして、直近の10月5日には地球温暖化について研究するプリンストン大学上級研究員の真鍋淑郎博士がノーベル物理学賞を受賞した。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ