http://www.alterna.co.jpから転載]

10月31日投開票の衆議院選挙に向けて、主要各政党(自民党、公明党、立憲民主党、日本維新の会、日本共産党)は環境問題、とくに脱炭素にどう取り組むのか――。オルタナ編集部が各党に脱炭素やカーボンプライシング(炭素の価格付け)に関するアンケート調査を行ったところ、再エネや原発の扱いに違いが出た一方で、カーボンプライシングはおおむね支持する結果になった。(オルタナ編集部・長濱慎)

衆議院の解散・総選挙は10月19日公示、31日に投開票となる

■エネルギーミックスにおける再エネと原発をどう考えるか

●質問1:CO2をはじめとする温室効果ガス(GHG)削減目標(2013年比)

自民党「2030年までに46%削減」

公明党「2030年までに46%削減、50年までに実質ゼロ」

立憲民主党「2030 年に55%以上削減、50 年までのなるべく早い時期に実質ゼロ」

日本維新の会「2050 年までに100%削減」(排出・吸収分を相殺)

日本共産党「2030年までに54~63%削減」

続きは「オルタナオンライン」サイトへ