http://www.alterna.co.jpから転載]

■日産自動車 田川丈二・専務執行役員CSOインタビュー■

世界の自動車メーカーが一斉に「EV」化に進む中で、国産勢も「脱炭素」に向けて大きく舵を切った。日産自動車は世界的な脱炭素の枠組み「SBT」にも復帰し、カーボンニュートラルに向けてさまざまな施策を打つ。田川丈二・専務執行役員CSO(チーフサステナビリティオフィサー)はESG施策において、「ゴーン事件以降の当社ガバナンスは大きく変わった」とも強調した。(聞き手はオルタナ編集長・森 摂、写真はオルタナ編集部・山口 勉)

7月30日付けで「SBT」の目標プロセスに復帰

――国際的な脱炭素目標の枠組み「SBT」(サイエンスト・ベースト・ターゲット)からは一時、離脱しましたね。

SBT(※1)については、弊社にはもともと長期目標はあったのですが、「中期的なマイルストーンがない」として一度外されました。「こんなことではいけない」と、今年から会社としても取り組み直しました。目標を再提出して、SBTから7月30日付けで認定をもらいました。

※1:「SBT」(サイエンスト・ベースト・ターゲット): 「サイエンス・ベースト・ターゲット」とは、「科学に基づいた目標」という意味。SBTを運営するNGOのSBTイニシアティブ(SBTi)は、産業革命以前から世界の気温上昇を1.5℃に抑えるために、企業にパリ協定に整合し、科学的知見に基づいた温室効果ガス排出削減目標の設定を求めている。

今回、SBTとのやり取りでは、「スコープ1・2」だけでなく「スコープ3」(※2)のことも含め、具体的な「%」単位の中期目標を作ったことを認めてもらいました。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ