http://www.alterna.co.jpから転載]

廃プラスチックから水素と炭素繊維「カーボンナノチューブ」をつくり出す新技術が昨年、論文で発表された。水素はエネルギー源として、カーボンナノチューブは軽量で強度が高い新素材として注目される。技術の進展には期待したいが、逆にプラ削減の動きを鈍らせる懸念も感じる。(オルタナ編集委員・栗岡理子)

廃プラを「チン」すると水素と高機能材料に

プラスチックに含まれる水素の97%を取り出せる © 岩谷産業株式会社

プラスチックは主に多くの炭素と水素がつながってできた高分子化合物だ。昨年10月、『Nature catalysis』に掲載された論文(Jie et al.)によると、プラスチックに含まれる水素の97%を取り出せるそうだ。しかも残った炭素の塊の9割はカーボンナノチューブだという。

水素は直接燃料のほか、燃料電池や燃料電池車(FCV)に使用できる。「2050年カーボンニュートラル」の実現のためにも必要だ。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ