http://www.alterna.co.jpから転載]

台湾の巨大半導体メーカーTSMCは、委託元アップルのカーボンニュートラル政策に対応するため、再生エネ100%を目指す企業連合「RE100」に加盟した。デンマークの洋上風力発電大手オーステッドから20年間、電力を購入する契約を交わした。しかしこの契約には、再生可能エネルギーの開発効果をTMSCが独占する懸念がある。一方で、同社には台湾海峡における中国との軍事的緊張の高まりに伴う地政学的リスクもある。(オルタナ総研フェロー=室井 孝之)

マーク・リュー 会長兼ESG運営委員会委員長
出所:TSMC 2020 Corporate Social Responsibility Report

TSMCは、台湾積体電路製造(台湾セミコンダクタ―・マニュファクチャリング・カンパニー)を指し、半導体の受託製造(ファウンドリー)では世界最大手だ。

TSMCは7月26日(6月8日からCOVID-19の影響で延期)株主総会を開いた。

2020年の連結売上高は455 億 1000 万ドル(約5兆円)(前年比131%)、純利益は176 億ドル(約1兆9360億円)(前年比158%)であった。

同社は、好調な業績の反面、再生エネルギー括購入に対する懸念や地政学的リスクを抱える。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ