http://www.alterna.co.jpから転載]

日本マクドナルドは7月20日、日本第1号店(東京・銀座店)のオープンから50周年を迎えた。同社は、水産物や容器包材などの持続可能な調達のほか、食品ロスの削減、ハッピーセットのおもちゃのリサイクルプロジェクトなど、さまざまなSDGs(持続可能な開発目標)に関する取り組みを進めている。(オルタナ副編集長=吉田広子)

日本マクドナルドは1971年7月20日、日本第1号店として銀座店をオープン。現在、国内に約2900店舗を構え、社員約2200人のほか、全国で約17万人のクルーが働いている。2020年12月期の全店売上高は過去最高の5892億円に上った。

2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標であるSDGsのうち、日本マクドナルドは次の6つの目標に優先的に取り組むとしている。

目標2「飢餓をゼロに」
目標8「働きがいも経済成長も」
目標12「つくる責任つかう責任」
目標13「気候変動に具体的な対策を」
目標15「陸の豊かさを守ろう」
目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」

続きは「オルタナオンライン」サイトへ