http://www.alterna.co.jpから転載]

東京オリ・パラの開幕を直前に控える中で、懸念だった問題が再燃している。26日からトライアスロンの会場となる「お台場海浜公園」の異臭問題だ。東京湾の水質についてはかねてから問題視されていた。ゲリラ豪雨が降ると、糞尿を含んだ大量の雨水が下水管から川に流れ出て、処理されないままの糞尿が川から東京湾に流れ込む。オルタナでは2016年7月、この問題について取材した。再掲する。

「海の日」の前日の朝、東京・羽田空港付近を漁船で回る機会に恵まれた。招いてくれたのは「NPO法人東京湾 藍い海の会」の亀石幸弘専務理事(当時59)。地元・羽田で400年続く漁家の生まれである。(オルタナ編集長・森 摂)

午前9時半、東京モノレール/京急電鉄の天空橋駅からほど近い海老取川に留めた漁船に乗り込んだ。多摩川の河口付近でエンジンを切り、亀石さんが海に入った。羽田空港の施設を真横に見るこの辺りは浅瀬で、引き潮時には腰までしか水は来ない。

羽田沖で大型漁具「鋤簾」を使ってハマグリを捕る亀石さん

捕れたハマグリと貝

亀石さんは手製の大型漁具「鋤簾」(じょれん)を巧みに操り、川底の砂をすくい取り、その網に入れる。前日の大雨で巻き上げられた、嫌気土壌の重たい泥だ。15分程度で2回すくった結果は、大型のハマグリが4つと、あとは小さな貝ばかり20個ほどだけだった。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ