http://www.alterna.co.jpから転載]

オーガニック食材やワイン、量り売り什器、エコ雑貨などの輸入販売などに取り組む斗々屋(京都市上京区、梅田温子社長)は、日本初のゴミの出ないスーパーマーケット「斗々屋京都本店」を7月31日にグランドオープンする。フードロスをさらに減らすため、18時以降は当日の食材を活かしたゼロウェイスト・レストランを運営する。(山口 勉)

日本初のゴミの出ないスーパーマーケット「斗々屋京都本店」
18時以降は当日の食材を活かしたゼロウェイスト・レストランを運営する

斗々屋は「経済成長=環境負荷」というスパイラルを断ち切り、自然、ひと、経済のバランスの取れた持続可能な豊かな暮らしのため、ゼロウェイストとプラスチックフリーの推進、そしてフードロスを減らすことの実現を目指している。

2年前東京にオープンした量り売り専門店「nue by Totoya」(現・国分寺店)に続き、深めてきた生産者と消費者の繋がりも活かし、京都本店を開くこととなった。

今回オープンする京都本店は、食材と雑貨で1000品目を目指す。通常のスーパーマーケットのように使える店舗にすることが目的だ。店舗の売り場面積も50坪ある。

斗々屋広報担当のノイハウス萌菜さんは「現在斗々屋でまだ扱っていない主な商品が生鮮商品だ。京都店ではキッチン設備も置き、18時以降は当日の食材を活かして、その日ごとにメニューの変わるゼロウェイスト・レストランを運営する。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ