http://www.alterna.co.jpから転載]

■サラヤ×WoWキツネザル■
2つのキャラクターを使い分け、環境系エンターテイナーとして活躍するWoW(ワオ)キツネザルさん。環境破壊の過程を五感で味わう「絶滅体験レストラン」やユーチューブでの動画配信を通じて、環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)の啓発を行っている。「伝したいえることで、意識や行動が変わるきっかけを提供していきたい」と意気込む。(PR:サラヤ株式会社)

環境系エンターテイナーとして活躍するWoWキツネザルさん。2017年に訪れたマダガスカルで(撮影:きるけ。)

─マダガスカルに生息する絶滅危惧種「ワオキツネザル」に扮して、環境問題の啓発を行っています。何がきっかけだったのでしょうか。

子どものころから動物が好きで、図鑑をよく見ていました。動物園で初めてワオキツネザルに出会ってから、ずっと大好きな動物です。

バンドをしていたころ、ミュージックビデオを制作することになり、WoWキツネザルというキャラクターが生まれました。バンド解散後、WoWキツネザルとして仕事をするなかで、マダガスカルやワオキツネザルについてもっと学びたいと思い、2017年に現地に行くためのクラウドファンディングを立ち上げました。

ところが、大使館関係者やマダガスカルの留学生から、「マダガスカルは緑の楽園ではなく、赤茶の島だよ」「生まれてから森を見たことがない」といった声を聞いたのです。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ