http://www.alterna.co.jpから転載]

■人気美容室から学ぶ組織マネジメント■

世の中にある会社を大きく2つに分けるとこうなる。社員がやめる組織かやめない組織かーー。存在する会社の多くは前者だが、後者に該当する会社はどのような経営をしているのか。そんな疑問に応える本が出版された。カギは非合理的経営だ。(オルタナS編集長=池田 真隆)

Londを立ち上げた6人の共同代表

2人に1人――。これは3年以内にやめる美容師の割合だ。平成28年に厚労省が発表した「新規短大等卒就職者の産業別離職状況」によると、美容師が1年以内に離職する割合は約3割、3年以内は5割、10年以内になると、その数値はなんと92%にも及ぶ。休日がない、賃金が低い、体力・精神的にきついなどが離職する主な理由とされている。

そんな美容業界において、「異常値」を出している美容室がある。その美容室を説明するとこうだ。

専門学校のクラスメイト6人で2013年に創業
銀座や表参道を中心に28店舗運営
社員200人、スタイリストの平均年収は800万円
創業から5年間は離職者ゼロ

この美容室の名前はLond。中価格帯(約8000円)でハイクオリティの施術が20から30代の女性たちに受け、ホットペッパービューティーアワードでは売上高一位の店舗に贈られるゴールドアワードを5年連続で受賞中だ。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ