http://www.alterna.co.jpから転載]

■地球温暖化係数はCO2の100~10,000倍■ 

代替フロンの地球温暖化係数は、CO₂を1とした場合の100倍から10000倍となる (出典・経済産業省)

温室効果ガスの代表格はCO2(二酸化炭素)だが、メタンや一酸化二窒素などと並んで無視できないのが「代替フロン(HFC:ハイドロフルオロカーボン)」だ。主に冷凍空調機器の冷媒に使うが、その地球温暖化係数はCO2の100~10,000倍にも達する。

今年1月に出版された『DRAWDOWNドローダウン― 地球温暖化を逆転させる100の方法』で、米国の環境研究者ポール・ホーケンと100人以上の専門家がまとめた「地球温暖化を逆転させる100の解決法ランキング」でも、「冷媒」は1位に挙がった。冷媒放出の90%が機器廃棄時に集中しており、適切な処分が急務となっている。代替フロンは1997年の京都議定書で法的拘束力のある「温室効果ガス」として排出抑制の対象になった。2019年に日本がモントリオール議定書の「キガリ改正」に批准したことで、生産規制が課されることになった。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ