http://www.alterna.co.jpから転載]

日本の離島では人口の減少が止まらず、少子高齢化、過疎化の縮図とも言える実態がある。そんな中、山形県唯一の離島を舞台に斬新な方法で島の活性化に取り組む企業がある。合同会社とびしま共同代表の松本友哉さんと役員の小川ひかりさんに話を聞いた。(山口 勉)

「クラウドアイランド」を目指す飛島

日本には6852の島がある。そのうち人が住んでいる有人島は416(北海道・本州・四国・九州・沖縄本島を除く)だ。島の多くは人口減が続き、このまま行けば遠くない将来、無人島になってしまうという島もある。

山形県にある飛島もそんな島の一つだ。飛島の人口は現在約200人だが、このままいくと10年後に100人、20年後にはゼロになるという試算もある。合同会社とびしまは、2013年3月に設立した。

ーーまず始めに飛島に来た理由を教えてください。

(松本)「大学時代、震災以降ローカルに興味を持ち『緑のふるさと協力隊』制度を新卒1年目の進路に選びました。そして、全国の派遣地から飛島を希望しました。飛島のことは知らなかったですし、あまり調べずに選びました。」

「希望した理由は『なんとなく』で、強いて言えば、島に行けば逃げ場がなくなる、つまりやるしかない状況に自分を追い込みたかった、ということでしょうか。」

続きは「オルタナオンライン」サイトへ