http://www.alterna.co.jpから転載]

日本でも「脱炭素」の流れが加速するなか、ローソンはCO2排出だけでなく、食品ロスも「2050年ゼロ」を掲げた。その過程ではAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)なども駆使する。今田勝之・専務執行役員(CSO補佐)に目標達成への手応えを聞いた。(聞き手・森 摂=オルタナ編集長、池田 真隆=オルタナS編集長、写真=山口 勉)

ローソンの今田専務、2050年までにCO2排出・食品ロスをゼロにする目標を掲げる

――店舗でのCO2排出量を2050年にゼロにする目標を掲げましたね。

当社の店舗では2010年から、「ノンフロン冷凍・冷蔵機器」を導入しています。温室効果が代替フロン類と比べて4千分の1とされる「CO2冷媒」を使っているため、温室効果ガスの大幅削減につながります。「CO2冷媒」は省エネ効果も高いのです。

ローソンの約1万4千店舗中、すでに4160店舗(2021年2月末現在)に導入しており、電気の使用量を15%も減らすことができました。

さらに、全店舗の照明をLEDに変え、屋根に太陽光パネルを設置している店舗は約2000店に達します。さらに、親会社の三菱商事は電力のクリーン化を進め、再エネ発電と送配電事業に乗り出しました。当社もグループの一員として、全国にあるローソン店舗に向けて再エネ電力の供給を行っていきます。

IoTやAIを使って、電力を遠隔で制御する店舗も約800店舗あります。今後、他店舗に広げていくかは、省エネ比率をコストと掛け合わせながら見ていきます。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ