http://www.alterna.co.jpから転載]

皆さんは植物由来の代替肉(ベジミート)を食べたことはありますか。見た目も味も本物の肉と変わらず、健康志向の方だけでなく、ベジタリアンやビーガンの方にも人気があります。日本では2015年に大手ファストフードチェーンが代替肉バーガーを発売したのをきっかけに広がり、それ以来、多くの企業が代替肉を販売しています。(株式会社Future Vision代表取締役・大喜多一範)

植物由来の代替肉と言えば、「豆腐ステーキ」を思い出す方もいると思います。豆腐ステーキは日本の70年代の高カロリー志向の食事の反省から、低カロリーの健康志向を背景に注目されました。

■牛肉1キロの生産に必要なトウモロコシは11トン

そして今、代替肉が注目を浴びている背景には、地球温暖化やアニマルウェルフェア(動物福祉)など、生活者のサステナビリティへの関心の高まりがあります。

畜産には飼料となる穀物と水、そして穀物の栽培には耕作地の確保と農薬の散布が必要です。現在、地球の人口が約80億人ですが、一方で野生の哺乳類は約4億頭生息しています。

これに対して牛や豚など哺乳類の家畜は約60億頭飼育されています。この60億頭の家畜の飼育には、飼料として主にトウモロコシが使われています。トウモロコシの生産量は穀物の生産量(21年予測は約27億トン)の約35%で、その内の約60%が飼料用です。

2018年を例にすると、トウモロコシの世界生産量1,116百万トンのうち、697百万トンが飼料用でした。牛肉1キロを生産するのに必要なトウモロコシは11トンに上ります。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ