http://www.alterna.co.jpから転載]

キリンホールディングス(HD)はこのほど、大豆由来の植物肉原料「ミラクルミート」の開発・生産を行うDAIZ(ダイズ、熊本市)に、3月31日に出資したと発表した。ヘルスサイエンス関連のスタートアップへの投資を行うCVCファンド「キリン ヘルス イノベーション ファンド」を通じて出資した。同ファンドの運用総額は50億円だが、今回のDAIZ社に対する出資額は非公表だ。(遠藤一)

DAIZが開発したミラクルミート

健康志向の高まりやCO2の排出抑制、動物福祉(アニマルウェルフェア)の観点などから、世界的に「代替肉」の市場規模が拡大している。この15年で世界の代替肉市場は約11兆円に上るとの推計もある。

代替肉は、主に大豆や小麦などの植物原料をベースにした「植物肉」が主流だ。

DAIZが開発したミラクルミートは「穀物の大豆」ではなく、芽を出して「植物になった瞬間の大豆」を原料とするため、一般的な粒状大豆たんぱくよりも、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが増加。これを大豆発芽の特許技術「落合式ハイプレッシャー法」と独自の製法工程を掛け合わせることで、肉に近い味と食感の再現や、大豆特有の異風味の低減を実現させた。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ