http://www.alterna.co.jpから転載]

スノーピークは4月9日、全国10カ所の主要拠点と直営キャンプフィールドで使⽤する電⼒をCO2排出量ゼロの⾃然エネルギーに順次転換していくと発表した。使用する自然エネルギーは、みんな電力(東京・世田谷)を通じて供給され、本社や物流拠点は「三条保内発電所」(SGETグリーン発電三条合同会社、新潟県三条市)の木質バイオマス発電による電力を購入するという。(山口 勉)

キャンプフィールド併設の本社「Snow Peak HEADQUARTERS」

スノーピークは新潟県三条市に本社を置くアウトドアメーカー。1980年代後半には同社の製品が火付け役となりオートキャンプブームが巻き起こった。

1996年に発売された「焚火台」は、現在でも生産が続くロングセラーで、直火を禁止されているキャンプ場でも焚火を楽しめるという、それまで無かったスタイルを生み出すなど革新的な製品づくりでも知られる。

同社は30年以上前からすべての製品を永久保証とし、⻑期的にモノを使ってもらい、「捨てる」を減らす取り組みを行ってきた。また、2011年に開業した「Snow Peak HEADQUARTERS」に太陽光発電パネル240枚を設置するなど、自然環境に配慮する経営、製品づくりを実践している。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ