http://www.alterna.co.jpから転載]

ファミリーマート、伊藤忠商事と環境スタートアップ・テラサイクルジャパンは、長崎県対馬市に漂着した海洋プラスチックごみを原材料の一部に使用した買い物かごを協働で開発し、2月12日から長崎県と福岡県のファミマ4店舗で導入している。

テラサイクルが海洋プラごみを調達し、 ファミマが伊藤忠商事と協働して製造

国境離島の対馬では、毎年約2万立方メートルもの「海ごみ」が押し寄せ、生態系や産業に影響を及ぼしている。

ファミリーマートは生活者に身近な買い物かごで、海洋プラごみ問題への啓発活動に取り組み、対馬の目指す「海を核としたサーキュラーエコノミーの活性化」に貢献する。社名にこめられた「家族のように」という思いを感じる取り組みだ。