http://www.alterna.co.jpから転載]

Creating Shared Value(CSV:共通価値の創造)で目指す社会課題としてSDGsを活用すれば、取り組もうとする課題が客観化し説得性も高まる。このようにCSVの実践にSDGsを活用すれば、いわば「バージョンアップしたCSV」につながっていく。これが企業SDGsの要諦である。まちづくりCSV/SDGsについては、「第3回未来まちづくりフォーラム」(2021年2月24日横浜にて開催)が参考になる。(千葉商科大学基盤教育機構・教授/CSR/SDGsコンサルタント=笹谷秀光)

未来まちづくりフォーラム、前回の様子

CSVの実践としてのSDGs

企業SDGsの実践では、競争戦略の権威であるマイケル・ポーターらが提唱した、企業による社会課題解決と経済価値の同時実現を狙う “Creating Shared Value”(CSV:共通価値の創造)が参考になる。この考え方をうまく取り入れ、本業を活用することが重要だ。

SDGsができる前は、CSVは、米国発の概念で、多国籍企業などの事例で説明されわかりにくい面もあり、解決を目指す社会課題が主観的であるなどの批判が多かった。

そこでCSVで目指す社会課題がSDGsであると理解することで課題が客観化し説得性も高まる。このようにCSVの実践にSDGsを活用すれば、いわばバージョンアップしたCSVにつながっていく。これが企業SDGsの要諦である。

CSVの3つの方法…

続きは「オルタナオンライン」サイトへ