http://www.alterna.co.jpから転載]

コロナ禍で飲食業が苦境に立たされるなか、みなとみらいで新しい挑戦が始まった。1月13日にリニューアルオープンしたKITCHEN MANE(キッチンメイン、横浜市)だ。コンセプトに「FOOD MADE GOOD PLATE」を掲げ、 サステナブル・レストランの基準に則ったメニューを提供する。食品ロスを出さないために調達した食材によって日替わりでメニューを決めるが、価格は「客が決める」というユニークなスタイルだ。

みなとみらいの絶景を一望しながら社会や環境に配慮した食を楽しめる

このレストランは、横浜市中区に位置するKITCHEN MANE(キッチンメイン)。店内は60席すべてオーシャンビュー。400年以上続く福岡の老舗料亭で腕を振るってきた総料理長が、その日に採れた食材をもとに独創的な料理を生み出す。

KITCHEN MANEは「調達」「社会」「環境」の3軸でレストランのサステナビリティ度を測っている日本サステナブル・レストラン協会の会員にもなっている。

仕入れる野菜は、 輸送によるCO2排出削減、 地域活性化を考慮し、半径120km圏内の地産地消にこだわる。 地元横浜や千葉の有機栽培・自然栽培を行う契約農家から直送される野菜や物流に乗られない規格外野菜を仕入れている。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ