http://www.alterna.co.jpから転載]

国内最大規模のクラウドファンディングサービス「READYFOR」はこのほど、コロナ支援団体の活動経費を助成するSOS基金を立ち上げた。同基金では、「医療・介護従事者」「子育て困難家庭」「生活困窮者」「孤独・心の悩み」の4つの領域で活動する支援団体の活動費を助成する。長期化するコロナ禍で資金難に陥っている支援団体は9割に上る。

READYFORの米良はるかCEO

READYFOR社では、コロナ禍で医療従事者や貧困家庭を支援する団体向けの「いのちとこころを守るSOS基金」を立ち上げた。

小坂健・東北大学教授や村木厚子・津田塾大学客員教授、宮田裕章・慶応義塾大学教授ら9人の専門家が有志チームを結成して同基金の運営を支援する。小坂教授は、「 新型コロナの影響はまだまだつづくことが予想されています。このクラウドファンディングの特徴である迅速性と多くの専門家が関わることを活かしながら、今後の社会がより良くなるために継続して活動をしていきます」と述べた。

同社では昨年4月にコロナ支援団体向けの基金を立ち上げており、クラウドファンディングで2万764人から8億7246万1000円を集めた。集まった資金から150ほどの支援団体に助成したが、その一方で、活動資金の枯渇に苦しむ医療機関やNPOの苦しい状況が見えてきたという。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ