http://www.alterna.co.jpから転載]

「思いがけない妊娠や出産で、誰にも相談できずに困っている女性たちの力になりたい」。そんな思いから、予期せぬ妊娠に関する相談を24時間受け付け、支援してきた団体があります。事務所があるのは、神戸にある「マナ助産院」内。相談に乗るだけでなく、事務所まで来た女性に対しては、産前産後の生活や検診、出産までもサポートしてきました。この12月、助産院に隣接したマタニティホームを開設。なぜ、支援するのか。その思いを聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

予期せぬ妊娠で行く場所がない妊婦

12月中旬、マタニティホーム第一号の赤ちゃんが誕生。お母さんと赤ちゃん、ここから新たないのちと人生がスタートする

「思いがけない妊娠や出産で、誰にも相談できずに困っている女性たちの力になりたい」。

そう話すのは、一般社団法人「小さないのちのドア」代表で、助産師の永原郁子(ながはら・いくこ)さん(63)。2018年に予期せぬ妊娠や子育てに追い詰められた女性と小さないのちのための相談窓口「小さないのちのドア」をスタートさせました。

2020年春にはクラウドファンディングを実施、たくさんの人からの支援を受け、この12月に念願のマタニティホーム「Musubi(むすび)」を開設。この名前には「この場を通じて人と人、人と社会、そしてまた親子の絆が”結ばれる”場所にしたい」という思いが込められているといいます。

「行く場所がなく、時には公園のベンチや河川敷で過ごすホームレスの妊婦がいます。誰にも助けてもらう事ができず一人悩み苦しみ、お金もなく行き場を失っている妊婦がいます。救ってくれる制度もなく、たださまようしかない妊婦がいます。もし安心して安全な場所で暮らす場所があったら、守ることができるいのちがあります」と永原さんは話します。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ