http://www.alterna.co.jpから転載]

住む場所や食べるものがあっても「つながり」を感じることがなければ、人として充実した日々を生きていくことは難しい。2020年の新型コロナウイルスの流行は、多くの人がそんなことを、身をもって感じるひとつの出来事だったのではないでしょうか。ホームレスの人たちの自立を支援しながら、スポーツの力でホームレスだけでなく、さまざまな生きづらさを抱える人たちにアプローチする団体があります。(JAMMIN=山本 めぐみ)

「ホームレスは『ホープレス』でもあるのではないか」

ホームレスの人たちの自立を支援するNPO「ビッグイシュー基金」。ホームレスの人に雑誌販売という仕事を提供する有限会社「ビッグイシュー日本」を母体に作られた非営利団体です。

「『ビッグイシュー基金』として住まいや仕事の確保を応援し、ホームレスの人たちの自立を支援する活動をしていますが、かといってそれだけが揃えば良いのかというと、そうではありません」と話すのは、「ビッグイシュー基金」スタッフの川上翔(かわかみ・しょう)さん(28)。

「僕たちもそうですが、趣味の時間や友達と過ごす時間、そういうものがあって初めて、仕事もがんばろうと思えるのではないでしょうか。ホームレスの人たちが住む場所を失って路上に出た経緯は皆異なるし、本当に様々な背景を持つ人たちがいる中で、共通点があるとしたら、それは『ホームレスはホープレス(hopeless)の状態であるのではないか』ということです」

「自信を失い、社会や自分に対して希望を見出せなくなって、最後にひとりぼっちでホームレスになる。ビッグイシューの路上販売についても、『仕事』という面はもちろんありつつ、販売者同士つながりができて仲良くなったり楽しいことがあったり、だからこそまた前を向いて生きていけるということがあると思っています。そこを大事にしたいという思いから、当事者による様々なクラブ活動を応援しています」

ダンス、講談部、英語部や歩こう会…様々なクラブ活動の中から生まれたのが、ホームレスのサッカーチーム「野武士ジャパン」。2009年と2011年には、国際大会「ホームレス・ワールドカップ」にも出場しました。その後、川上さんなどを中心にNPO法人として立ち上げられたのが「ダイバーシティサッカー協会」。スポーツを通じて「誰もが自分らしくいられる社会づくり」、また「スポーツで仲間外れをつくらない」ことを目指して活動しています。

「野武士ジャパン」大阪チームの練習風景。同じフィールドの上、立場や年齢も超え、皆で一つのボールを追いかける。なんともいえない一体感があった

続きは「オルタナオンライン」サイトへ