http://www.alterna.co.jpから転載]

事業を通じて、社会課題を解決したい――。リジョブ(東京・池袋)は、2009年に創業以来、美容やヘルスケア、介護業界で人材不足の解消と同時に、働き方改革を提案してきました。目指すのは、一人ひとりの自己実現を叶えること。「自らのビジョンと会社のビジョンが重なっていたから、入社を決めた」と話す、新卒5年目の中核メンバーに話を聞きました。(山本 めぐみ=JAMMIN)

インタビューを受けるリジョブの吉田奈津美さん

「一人ひとりの豊かさ」を実現するプラットフォームへ

リジョブの主力事業は美容やヘルスケア、介護の分野に特化した求人サイトの運営。社会で生きる一人ひとりが働き方を通じて自己実現できる場を提供しています。

「人と人との『結び目』をたくさん作り、広げて、それぞれの人にとって心豊かな社会をつくることが私たちのビジョン」と話すのは、入社5年目の吉田奈津美(よしだ・なつみ)さん。リジョブの中核的なメンバーとして活躍しています。

吉田さんは、「リジョブは美容・ヘルスケア・介護といった“おもてなし業界”において、限られた一部の人だけではなく、より多くの方の多様性のある働き方と生産性向上を実現しようと、それぞれの業界の実態に向き合っています。そして、“働きやすい”とは言いづらいこの業界の課題解決に挑むことで、一人ひとりの豊かさを実現しながら、社会課題の解決を目指しています」と言います。

特徴は、「一人ひとりの豊かさを実現しながら」という点です。例えば、介護業界では労働力不足という課題があります。そこで、解決策として、業務を細かく細分化することによって、介護の専門職ではなくても、そのうちの一部分だけなら担えるという人の介護業界への門戸を開きました。

働き方の多様化を提案し、介護業界と働きたい人をマッチングし、活躍したい人を応援するプラットフォームを運営しています。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ