http://www.alterna.co.jpから転載]

学生時代にフィリピンの国際協力系NPOでインターンを経験するなど、アジア8カ国を周遊した藤森由莉沙さん(27)。異国の地では主に貧困支援のボランティアに精を出しました。今は、人材領域で社会課題の解決に取り組むソーシャルベンチャーのリジョブ(東京・池袋)で外国籍労働者と介護業界をつなげる事業にかかわっていますが、原体験はアジアで見た「貧困」と言います。「今日の仕事がないことの怖さを目の前で見てきました。彼らに雇用をつくるため、社会の仕組みから変えていきたい」と事業を構想中です。(オルタナS編集長=池田 真隆)

学生時代にアジア8カ国でボランティアした経験を事業づくりに活かす藤森さん

「世界を見たい」と英語に没頭

ほかの世代と比べて社会課題に関心が高いとされるミレニアル世代。まさに藤森さんもその一人です。話を聞くと、生い立ちはユニークそのもの。出身は忍者のふるさとこと三重県の伊賀、米農家の祖父は野生の鹿やイノシシをさばく猟師でもありました。

大自然の中で命の尊さを実感しながら育った少女は、中学生の時に異文化への憧れを強く抱きます。「将来は世界中の人と話したい」と思い、英語の勉強に力を入れると大学ではより実践的な英語力を養うため、世界80カ国以上の学生と教授が在籍する立命館アジア太平洋大学に入学します。

大学のキャンパスは、求めていたグローバルな環境でもありましたが、その知的好奇心は「日本」では尽きることがありませんでした。もっと話せるようになりたいと思い、夏季休暇を利用して日本を飛び出し、フィリピン・セブ島に行き、ボランティアをしながら現地の人と交流を重ねました。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ