http://www.alterna.co.jpから転載]

新型コロナ禍は今後の先行きが見えず、世界経済に大きな影を落としています。8月17日に内閣府が発表した日本の国内総生産(2020年4~6月期)は前期比年率27.8%と、現行基準の1980年以降で最悪の落ち込みとなりました。米国の減少率も32.9%、英国は約60%、ドイツも30%を超え、軒並み最悪の下げとなりました。(オルタナ編集長・森 摂)

オルタナ本誌61号の第一特集「新型コロナと持続可能性」で書いた通り、これから各国の経済はしばらく停滞が続き、企業倒産や失業も増え、貧富の格差は拡大していくと見られます。創業以来、最大の危機を迎えた企業も多いのではないでしょうか。そんな時こそ「SDGsアウトサイドイン・アプローチ」を思い出して欲しいのです。

アウトサイドインはオルタナ本誌56号(2019年3月発行)で詳報した通り、「社会課題の解決を起点にしたビジネス創出」です。一般的な企業は「顧客ニーズ」に対応しようとしますが、顧客の後ろ側にある「社会ニーズ」に対応すれば、同業他社が気づかないビジネスのニーズやシーズを見つけることができるのです。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ