http://www.alterna.co.jpから転載]

「ろう者」や「手話」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。聴覚障がいはパッと目に見てそれがわかるものではないため、一見障がいがあることがわかりづらく、必要な配慮が受けられなかったり、心ない言葉をかけられたりすることもあるといいます。「きこえなくても、コミュニケーションを諦めないで欲しい」。1947年からろう者の福祉向上のために活動する当事者団体に話を聞きました。(JAMMIN=山本 めぐみ)

きこえないことによる
日常生活における困難

ろう者が生きやすい社会の実現のために、1947年より活動している一般財団法人「全日本ろうあ連盟」。各都道府県に加盟団体が存在し、全国に1万8千人の会員を抱える大きな組織です。

身近にいるかもしれないけれど、実はよく知らない「ろう者」のこと。きこえないことで、日常生活においてどのような困難があるのでしょうか。全日本ろうあ連盟職員であり手話言語通訳者の梅澤仁士(うめざわ・ひとし)さん(40)の通訳のもと、同じく職員でありろう当事者の瀬川奈美(せがわ・なみ)さん(45)に聞きました。

オンラインでのインタビューの様子。梅澤さん(写真右)の手話通訳を通して、ろう者である藤川さん(写真左)、瀬川さん(写真中央)にお話を聞きました

「道を歩いている時に車の存在に気付かないことがあったり、電車に乗っている時に車内放送がきこえず事故や遅延などの情報が入ってこないために状況が把握できず、人の流れを見て状況を理解・判断している」と瀬川さん。また、電話ができないこともろう者にとっては困りごとだといいます。

「飲食店の予約や美容院の予約時間の変更、体調が悪くなった際に助けを呼びたい時など、相手に電話で伝えられたらスムーズなのですが、それができません」

続きは「オルタナオンライン」サイトへ