http://www.alterna.co.jpから転載]

世界の海を巡り海洋プラごみの実態を調査しているレース・フォー・ウォーター(R4W)号が9月17日から青海客船ターミナル(東京・江東)に停泊している。この調査船は化石燃料を一切使わず、太陽、風力、水素で動き、CO2排出はゼロだ。世界各地で海水を摂取し、海洋プラスチックや微生物の研究を行っている。(オルタナ副編集長=吉田広子)

青海客船ターミナルに寄港したレース・フォー・ウォーター号

「世界の海も日本の海も変わらない。同じように海も海岸もプラスチックに覆われている。1960年以降、急速にプラスチックが増えたが、分解されず、当時のプラスチックでさえもまだ残っている。それを魚や水を通じて人間も摂取してる。過剰な消費を止めて、削減していかなければならない」

世界中を航海してきたR4W号のフランソワ・マーティン船長は、こう危機感を示す。

レース・フォー・ウォーター財団は、2010年にスイスの起業家マルコ・シメオーニ氏によって創設され、もともとはヨット・レースのために設立された。しかし、世界一周セーリングを行うなかで、世界中の海がプラスチックに汚染されている現状を目の当たりにし、実態を調査するプロジェクトを始動した。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ