http://www.alterna.co.jpから転載]

スイスでは、2016年から、主要スーパーを含む約30の食料小売業者でレジ袋が有料化され、昨秋の時点で86%(3億6千万枚以上)のプラ袋削減に成功している。ただし、レジ袋の使用が減っても店内の膨大な商品をプラスチックフリーにすることは難しい。ペットボトル、洗剤やシャンプーなどのプラ製ボトルはリサイクルに出せるが、そのほかのプラ製パッケージの多くは可燃ごみになっているのが現状だ。それを解消しようと、全国に広がる大手のミグロはプラ製パッケージ全般を店頭で回収する取り組みを公表し、来年の導入を目指している。(チューリヒ=岩澤里美)

スーパー「ミグロ」では、近い将来、食品のプラスチック包装も返却可能になる

有料の袋に入れ、店頭の回収ボックスへ

日本では今年7月からプラ製レジ袋が有料化されたが、スイスでも今年から、大手のスポーツ用品店や家電量販店など食品以外の店でもプラ製レジ袋が有料化され、年末までに全ての小売店で実施される予定だ。食料スーパーに関しては、2016年の有料化の何年も前からエコバッグや紙袋を持参していた人はかなり多く見かけ、スイス人はやはりエコへの意識が高いことがうかがえた。

全国に1100店以上のスーパーおよびコンビニを構えるミグロは、自社ブランド品でプラ製包装を薄肉化したり、再生PETを使用したりして、プラスチックの使用量の削減に努めている。同社が6月に公表した新しい取り組みは、それらのプラ製パッケージを店頭で回収し、リサイクルするという一歩進んだ計画だ。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ