http://www.alterna.co.jpから転載]

環境や社会貢献への関心は高まりつつあり、洋服や食品などはエシカルな商品がたくさん出てきています。一方、「パソコン」というジャンルではエシカルな商品はほぼ存在していません。今では多くの方が持つパソコン。だからこそ「エシカルパソコン」を通じて、普段の生活が「より良い社会づくり」に繋がる仕組みを作りたいと考えています。エシカルパソコンであるZERO PCは、環境に最もやさしく、同時に難民の問題も解決するパソコンです。(寄稿・青山 明弘=ピープルポート代表)

エシカルパソコンブランドの「ZERO PC」

年間に処分されるパソコンは約6,000t

日本では年間およそ300万台、重量にして約6,000tものパソコンが捨てられています。
その一方で大量に新しいパソコンが生産され、プラスチック、レアメタルなど限りある資源が今もなお消費され続けています。

そこで、私たちは、企業から廃棄されたパソコンを新品同様に再生することで、環境負荷がもっとも少ないパソコンを生み出す取り組みを始めました。

プロダクトだけでなく、その製造過程、販売サービスにおいても
・劣化などを理由にリユースできない部品も全て資源としてリサイクル
・100%自然エネルギーの電力を使用して製造
・発送時にプラスチック緩衝材を一切使わない
など、環境負荷を最大限かけないパソコンの再生を目指しています。
その結果、新品のパソコンをつくるのに排出されるCO2の量は約100kgと言われる一方、ZERO PCは10kg未満の排出で済むため、およそ90%のCO2の削減につながります。

もう一つのテーマ、日本の難民問題の解決

もうひとつのZERO PCのテーマとして、日本の難民問題の解決があります。
毎年1万人以上の人達が自国を逃れ、日本に避難してきています。彼らのほとんどは、政府からの難民認定の結果を待つ約4~6年の間、経済的に困窮し、社会的に孤立したりなど厳しい生活を強いられています。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ

ZERO PC運営会社:ピープルポート株式会社
代表:青山 明弘
ZERO PCブランドサイト
https://zeropc.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/zeropc.peopleport
Twitter:https://twitter.com/people_port