http://www.alterna.co.jpから転載]

株式会社オルタナと一般社団法人CSR経営者フォーラムは2020年8月3日、「サステナブル・セレクション」の公募を開始しました。なぜ私たちがこのようなサービスを始めたのか、その思いをご説明いたします(オルタナ編集長・森 摂)

オルタナは2007年3月に創刊しました。以来13年間、CSR、サステナビリティ、サステナブル・ビジネス、エシカル消費、SDGs(持続く可能な開発目標)、ESG投資などのテーマで報道を続けてきました。

創刊間もないころ、オルタナ5号(2007年12月発売)では「オーガニック1%の壁」と題した第一特集を掲載しました。

「日本の農産物のうちオーガニック(有機)が占める割合は1%に満たず、欧州諸国の4~10%に遠く及ばない。有機農業とは縁遠いと思われていた中国にも遅れをとった。日本でなぜ「有機」が伸びないか。1%の壁を越えるには何が必要なのか」(5号第一特集リード文)

オルタナ14号(2009年7月発売)では「シャンプーで世界を変える!」と題した第一特集を展開しました。

「環境や社会問題を常に考えながらモノやサービスを選ぶ人はまだまだ日本には少ない。その原因は、企業側にも生活者側にもある。ふだん何気なくスーパーの特売品を選ぶことが多い「シャンプー」を題材に、どうすれば日本に「グリーンな生活者」が増えるかを考えてみた」(14号第一特集リード文)

それから時が経ち、2015年になるとSDGsが国連で採択され、以来、日本でもSDGsのバッジを胸に付ける人が増えました。国別でSDGsバッジを胸に付けている人の割合は圧倒的に日本が多いと感じます。

SDGsは2020年春から小学校での新学習指導要綱にも入り、子どもたちもSDGsを学ぶ時代になりました。2015年にはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が国連責任投資原則(PRI)に署名し、ESG投資の流れが日本にもやってくることになりました。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ