http://www.alterna.co.jpから転載]

SDGs(持続可能な開発目標)のゴール年である2030年まであと10年。特に目標12「つくる責任・つかう責任」や目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」は、メーカーと生活者をつなぐ小売業の役割が大きい。「ヒント・マーケット」を掲げる東急ハンズに話を聞いた。(オルタナ副編集長・吉田 広子)

東急ハンズ広報・CSR推進室の伊藤大輔室長

消費から世界を変える① サラヤ×東急ハンズ

「東急ハンズはDIY用品や修理パーツを取り扱ってきたので、以前からモノを大切に長く使おうとするお客様が多い。当社の顧客は元々、サステナビリティ(持続可能性)への意識が高いと思う」

こう話すのは東急ハンズ広報・CSR推進室の伊藤大輔室長だ。同社は1976年の創業以来、「お客様の生活文化の創造をお手伝いいたします」を企業理念に掲げ、幅広い品ぞろえと知識豊富で丁寧な接客で「東急ハンズ」というブランドをつくり上げた。

2009年からは「ヒント・マーケット」をコンセプトに掲げ、生活を豊かにするためのヒントを提供してきた。店頭では、季節や時流に合わせたヒントラック(商品提案棚)やヒントショー(商品紹介実演)を展開している。

「インターネットの普及で世の中に商品があふれ、だれでもモノを買える時代に入り、東急ハンズの提供価値を再定義することになった。単に商品を売るのではなく、その使い方や生活環境の変化に合わせた提案が求められている。店頭POPや商品の陳列などすべて含めたハンズらしさを「ヒント・マーケット」と表現した」(伊藤室長)

続きは「オルタナオンライン」サイトへ