http://www.alterna.co.jpから転載]

独日用品・化学大手ヘンケルは7月3日、世界初の「プラスチック廃棄物削減ボンド(社債)」の発行に向けた手続きを完了したことを発表した。第一生命保険と第一フロンティア生命保険の私募で資金調達し、プラスチック廃棄物を削減するためのプロジェクトや費用に充当する。総額は7000万米ドル(約75億円)に上り、満期は5年だ。(オルタナ編集部=三宅千鶴)

ヘンケルが力を入れるサステナビリティの取り組み

ヘンケルは「2025年に向けたパッケージング目標」を設定。化石資源由来のバージンプラスチックを50%削減するとともに、すべてのパッケージをリサイクルまたはリユース可能なものに置き換えることを目標に掲げる。

循環型経済(サーキュラーエコノミー)への移行を目指すヘンケルは、Alliance to End Plastic Waste (廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスAEPW)の創立メンバーであり、Plastic Bank(プラスチックバンク)のパートナーでもある。連携することで業界横断的な取り組みを推進する。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ