http://www.alterna.co.jpから転載]

トヨタ自動車は6月8日、同社サイト内で「トヨタのSDGs」を公表した。豊田章男社長は5月に開かれた2020年3月期決算説明会で「SDGs(持続可能な開発目標)に本気で取り組む」と宣言している。SDGsは2015年9月に国連で採択され、17の目標と169のターゲットから成るグローバル目標だ。(オルタナ副編集長=吉田広子)

SDGsに本気で取り組むことを宣言した豊田章男・トヨタ自動車社長

SDGsに本気で取り組むことを宣言した豊田章男・トヨタ自動車社長

トヨタ自動車は2019年6月に「サステナビリティ推進室」を新設して以来、SDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)に本格的に取り組む体制づくりを進めてきた。今年2月にはサステナビリティ部門を統括するチーフ・サステナビリティ・オフィサー(CSO)を新設。早川茂副会長が就任した。

トヨタ自動車は「取り組みの根底にあるのは豊田綱領を始めとした企業理念であり、トヨタの考え方・価値観はSDGsが目指すものと一致している」と説明している。

トヨタのSDGsでは、創業の精神とモノづくりで培った技術、モビリティカンパニーへの変革を通じて、社会課題を解決することを目指す。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ