http://www.alterna.co.jpから転載]

新型コロナウイルスに100万人以上が感染、死者も7万人近い米国で、「ファッションで新たな自分を表現する」動きが生まれた。医療専門家は、「新型コロナで人生が思うように行かないという不安は、人々に強いストレスを与える」と指摘するが、自己表現としてのファッションが、ストレスを取り除くきっかけになり得るという。ロックダウン生活で、服の好みが変わった人も増えており、新型コロナはファッション面でも大きな変化をもたらしそうだ。(寺町幸枝)

■ファッションは外出自粛中のメンタルセラピー

米N B Cニュースが、外出自粛中でもこれまで通りのメイクやファッションを楽しむ人たちを例に挙げ、「服装で自分のアイデンティティをつなぎ合わせている」と話す人たちを取り上げた。ブルックリン在住のマシュー・ボン・ニーダさんは、「先のことを考えると、気分の浮き沈みがある中で、朝起きて、服を着てメイクをすることが、唯一平常心を保つ方法」と話す。

またビジネスマンのマット・カルデカットさんは、朝仕事着としてボタンダウンシャツとジーンズにソックスという出立で、リモートワークに対応するという。さらに仕事後には、すぐにパジャマを着るわけではなく、あえてTシャツに着替えている理由を、「出来るだけルーティーンを継続することで、同じ空間で生活していても、仕事とプライベートのメリハリがつけられる」と話す。

行動心理学者のキャロリン・メア氏は、人生のコントロールができないという不安は、人々に強いストレスを与える要因の一つと話す。そして、自己表現としてのファッションが、ストレスを取り除くきっかけになっているという。

■スウェットパンツが爆発的人気に

一方で、ロックダウン生活でファッションの好みが変わった人も増えている。これまでは時間がなくてメイクに時間をとっていなかったアマンダ・ブレナンさんは、時間の余裕ができた今、これまで以上にメイクに時間を取って、オンライン会議などに出るようになったという。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ