http://www.alterna.co.jpから転載]

企業と社会フォーラム(JFBS)第9回年次大会
サステナビリティ人材の育成におけるメディアの役割とは

学会「企業と社会フォーラム」(JFBS)は、2019年9月5~6日、「サステナビリティ人材の育成と経営教育」を統一テーマとする第9回年次大会を、B Corp Asiaの協力のもと早稲田大学で開催しました。

大会2日目(9月6日)に行われたBreakout Session Organized 4「サステナビリティ人材の育成におけるメディアの役割」では、はじめに司会の牛島慶一氏(EY新日本有限責任監査法人 気候変動・サステナビリティサービスCCaSSリーダープリンシパル)から、登壇者の倉持裕和氏(朝日新聞社 CSR推進部次長)、木幡美子氏(フジテレビジョン 総務局CSR推進室部長)、堅達京子氏(NHKエンタープライズ 制作本部情報文化番組エグゼクティブ・プロデューサー)の紹介が行われ、本セッションでは新聞社、民間放送、公共放送の三社それぞれの視点から、メディアと市民との関係において期待される「メディアの役割」を立体的に捉えたいとの趣旨が説明されました。

本稿では、各社の取り組み内容およびセッション参加者を交えて行われた議論の概要をご紹介します。(JFBS=笹森友香)

続きは「オルタナオンライン」サイトへ

 


笹森友香 企業と社会フォーラム(JFBS)事務局
文部科学省所管独立行政法人にて各国政府の留学生支援に従事し、その後西洋美術・日本美術の普及・広報事業を経て、現職。教育企画・運営を行うNPOにおいても活動中。
JFBSは、企業と社会の関係にかかわる諸課題について、学界、産業界、政府・行政、市民組織等との幅広い連携のもと、海外の関係組織とも協力しながら、理論と現場をつなぎ、学際的議論・研究および人材育成を行う学会です。