http://www.alterna.co.jpから転載]

環境省が主催する第1回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」表彰式が26日、都内で開催された。環境サステナブル経営に取り組む企業やESG(環境・社会・ガバナンス)金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体42社が表彰された。花王や第一生命保険など7社が各部門で金賞を受賞した。小泉進次郎環境相は挨拶で「ESG金融大国日本を目指す」と力を込めた。(オルタナ総研コンサルタント=室井孝之)

小泉進次郎環境相は挨拶で「ESG金融大国を目指す」と述べた(2月26日)

アワードは、ESG金融に積極的に取り組み、環境・社会に優れたインパクトを与えた投資家・金融機関や、環境関連の重要な機会とリスクを経営戦略に取り込み、企業価値と環境へインパクトを生み出す企業の取り組みを評価することを目的に、2019年10月に創設された。

金賞には、環境サステナブル企業部門では花王、キリンホールディングス。投資家部門では第一生命保険、ニッセイアセットマネジメント。ボンド部門では芙蓉総合リース。金融サービス部門ではS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス。融資部門では三井住友信託銀行、の計7社が受賞した。銀賞は13社、銅賞は22社だった。

 

続きは「オルタナオンライン」サイトへ