http://www.alterna.co.jpから転載]

明治は1月22日、アイスクリーム製品の賞味期限を6月から順次表示すると発表した。大手メーカーが市販のアイスに賞味期限を記載するのは明治が初めて。同社は「賞味期限の表示を求める消費者ニーズに対応した」と説明しているが、この施策はフードロスを抑えるという社会ニーズに合致しておらず、時代の流れにも明らかに逆行している。(オルタナ編集長・森 摂)

「明治 エッセル スーパーカップ 超バニラ 200ml」

同社は「明治 エッセル スーパーカップ」シリーズで今年6月から製品の裏面に、製造から最長で24カ月の賞味期限を表示する。2021年4月をめどに同社のすべての市販アイスクリーム製品で賞味期限を表示する。

同社は、今回の賞味期限表示について「いつまで食べられるのか知りたい」という消費者の声に応えたという。2019年11月に実施した消費者調査で「アイスクリームの賞味期限の表示を希望する」とした回答が67%に達した。

同じ調査で、8割以上が「1週間以内に食べる」との回答があったため、「賞味期限を記載しても大きな食品ロスにはつながりにくいと判断した」(同社広報部堤祐介氏)。フードバンクとの連携も強化し、フードロスが増えてもフードバンクへの提供ができるように配慮した。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ