http://www.alterna.co.jpから転載]

ワタミは1月13日、食事の宅配事業「ワタミの宅食」で、弁当・惣菜容器を回収し、容器の原料などに再資源化する取り組みを中国・四国地方に拡大した。これにより1日5万1000食分の容器がリサイクルされることになる。容器はバイオマスプラスチックを採用している。(オルタナ副編集長=吉田広子)

ワタミが構築したリサイクルモデル

「ワタミの宅食」では、弁当・惣菜の製造から宅配までを自社で一貫して行っている。配達を行う「まごころスタッフ」が食べ終えた後の容器を回収し、食品工場「ワタミ手づくり厨房」岩国センター(山口県岩国市)に集める。

その後、協力企業が中間処理を行い、油・コークス・ガスへのケミカルリサイクルを実施。ケミカルリサイクルした油から弁当・惣菜の容器に再生している。

このリサイクルプログラムは当初、愛知県、岐阜県、三重県、福井県、石川県、富山県でスタートし、1日約3万1000食分(約930㎏)を中京センター(愛知県焼津市)に集め、再資源化していた。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ