http://www.alterna.co.jpから転載]

大栗紙工(大阪市)は1月15日、発達障がい者約100人の声を集めて開発した「uni note(ユニ・ノート)」を発売する。一般社団法人UnBalance(大阪市)の協力のもと、「中紙の色」や「罫線」を工夫し、感覚が過敏だったり、集中力が途切れやすかったりする発達障がい者をはじめ「誰もが使いやすいノート」を目指した。まずは限定4000冊を試験販売する。(オルタナ編集部=中山涼太)

検討風景

発達障がいと診断された人の中には「視覚過敏」と呼ばれる特性を持ち、特定の光や色によって受ける視覚のストレスが大きく、日常生活に支障をきたしてしまうことがあるという。知的能力に問題がなくても、「ノート」を開くだけでも辛いと言う人もおり、学習に支障が出るケースもある。

uni noteは、発達障がい者約100人にアンケートをするなどして、彼らの要望を丁寧に吸い上げ、半年間の試行錯誤を経て完成した。アンケートでは、「行ごと、色違い」「行の濃淡を付けて欲しい」「罫線と罫線の間を太くして欲しい」「太い幅のノート」といった意見が集まった。

uni noteは、表紙や中頁から、余計なデザインや情報を省き、反射によるちらつき、まぶしさをおさえた国産色上質紙を使用。罫線の太さや行ごとに色を変え、各段落がハッキリ識別できるようにした。

臨床心理士・社会福祉士の小山美紗貴氏は「学校教育では『ノートに書く』ことの役割は大きく、『練習する』『思考を整理する』『備忘録とする』など、知的活動には欠かせない。しかし、『ノートに書く』作業は、全ての人が容易にできることではない」とし、「このノートは、『目が疲れにくい』『行間が分かりやすい』など、新奇な工夫が施されたものになっていて、自由な発想で使うことができる」と評価した。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ