http://www.alterna.co.jpから転載]

11月3日のパリ駅伝で、仏陸上連盟は初めて「脱プラスチック・減ゴミ対策」を実施した。スポンサーが、廃棄物ゼロをめざすNGO「ゼロ・ウェイスト」を陸連に紹介したことがきっかけ。NGOと協力し、休憩所ではバラのお菓子や果物を出し、ペットボトル水ではなくエコカップを配り自分で給水してもらった。今年7回目のパリ駅伝は7200人が参加した。(パリ=オルタナ編集委員・羽生のり子)

リンゴを取るランナー

パリ駅伝は2019年で7回目。1グループ6人がエッフェル塔を中心にして、セーヌ河の両岸をそれぞれ5〜10キロ走る。2019年は初めて環境負荷の少ない駅伝を行なった。これまで走者は走り終わった後、休憩所でペットボトル入りの水と袋入りのお菓子をもらっていた。

今年は、水を大きな水タンクから各自が再利用可能なエコカップに注いだ。ペットボトル1万1千本が節約できた。お菓子、レーズン、果物はバラで提供したので、個装袋2万枚とビニール袋1万枚を使わずに済んだ。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ