http://www.alterna.co.jpから転載]

環境・社会課題における優れた取り組みを表彰する「グッドライフアワード」第7回(主催・環境省)の受賞者が決まり、11月30日に都内で表彰式が開かれた。最優秀環境大臣賞には新電力会社のみんな電力(東京・世田谷、大石英司社長)による「発電者と消費者、自然エネルギーと消費地をつなぐ『顔の見える電力』」が選ばれた。

最優秀環境大臣賞の表彰を受ける、みんな電力の大石英司社長(右)

みんな電力は2011年の創業で、電力自由化後に日本でも多く生まれた新電力会社(PPS)の一つ。自然エネルギー(再生可能エネルギー)の比率は75%以上と、国内の電力会社で最も高い。再エネ比率100%の「プレミアム100プラン」という料金プランもある。

今回、最優秀に選ばれたポイントとして「顔の見える」電力の取り組みがある。ホームページなどで発電者の写真やメッセージを多く掲載し、発電者と電力使用者が「顔の見える」関係づくりに力を入れている。

ソーラー発電の買い取り契約が終了した家庭向けに、ホームページなどに顔写真を出すことを条件に、業界最高水準13.5円で買い取るプランも始め、「顔が見える」ことに徹底的にこだわる。原発や化石燃料に依存し、発電者の顔が見えない大手電力会社へのアンチテーゼでもある。

■その他の環境大臣賞は次の通り。

続きは「オルタナオンライン」サイトへ