インタビューを受ける糸井さん=5月9日、飯田橋グラン・ブルーム(東京・千代田)で

「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰の糸井重里さんは、地方創生は何もないと思うことから始まると考える。地方が抱える課題を起点に考えてしまうと、「責任」や「義務」というニュアンスが先行してしまうからだという。従来の発想にとらわれず、あえて否定から始まる糸井さんの「地方創生」について聞いた。(聞き手・オルタナS編集長=池田 真隆)

――糸井さんは地方創生の動きについてどう見ていますでしょうか。

糸井:マーケティングの時代なので、しょうがないかもしれませんが、みんな「答え」ばかり求めているように見えます。「シャッター商店街をどうすれば活気づけられるのか」、「高齢化にどう対応するのか」などという社会問題を解決できる策を考えています。まるで答案用紙に間違わないように「答え」を書いているようです。

企業のCSR/CSV活動としても地方創生は行われていますが、社会への「責任」や「義務」、「宣伝」というニュアンスが先行し、その活動に純粋に楽しさを感じることが難しいように思います。

――例えば、国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)が定める項目や社会的課題を起点にビジネスモデルを考える傾向にありますが、糸井さんはどのようにすればCSR/CSV活動は盛り上がるとお考えでしょうか。

糸井:むしろ、「答え」を追いかけるのではなく、「問い」を投げかける側になることで、気付きを与えることができるのではないでしょうか。

何かとコンプライアンスといわれる世の中ですが、企業のトップが「やりたいことはやろうよ」と、誰に頼まれるわけでもなく動くことが理想的ですね。

そうした動きは責任感や義務から発生したものではないので、答案用紙に答えを埋めることではなく、何もない白紙の状態から考えていけます。

――このほど、糸井さんはご自身の出身地である群馬県前橋市に岡本太郎の作品「太陽の鐘」を移設するというまちづくりプロジェクトに関わりました。このプロジェクトも白紙の状態から考えたということでしょうか。

糸井:地方創生は課題を起点に考えるので、どうしてもネガティブな話から始まります。負傷した箇所をどのような治療法で治していくのか、マイナスな状態を0(ゼロ)に戻すようなものが多い印象を受けますが、今回は0にすることを飛び越して、一気に「体操しよう!」というような考え(気持ち)で呼びかけてみました。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ