ブライダル大手のテイクアンドギヴ・ニーズ(東京・品川)の完全子会社トランク(東京・品川)は5月13日、渋谷区神宮前で、日本で初めてとなる社会課題解決型ホテル「トランクホテル」の営業を開始した。(オルタナ編集部=小松 遥香)

同ホテルでは、環境配慮やローカル・ファースト(優先主義)などの理念に基づき、家具やアメニティなどに国産素材やリサイクル素材を使用。

トランクは、ホテルを利用することで、社会課題を意識した暮らしを実践する場を提供したい考えで、「持続可能で、センスの良さもある社会課題のソリューションを提供したい」と説明する。

ホテルの利用から始める、背伸びしない社会貢献

同社は、ミレニアル世代に代表される消費動向の変化や、世界のホテルが「閉ざされた社交場」から「オープンなコミュニティ」へと変わっている潮流を受け、新しい価値観を提供するホテルの開業を決めたという。

トランクホテルのテーマは、「ソーシャライジング」。「自分らしく、無理せず、等身大で、社会的な目的を持って生活すること」を意味し、「環境」、「ローカル・ファースト」、「ダイバーシティ」、「健康」、「文化」の5つに焦点を置いている。

宿泊者が利用する自転車は、放置自転車のパーツを利用し作られている。放置自転車は渋谷区の抱える課題の一つ

近年、「社会や人の役に立ちたい」と考える人が増えているものの、社会貢献や社会のために何かするというと、寄付や募金、ボランティア活動など、一歩踏み出して行うといった敷居の高さがあるのも事実だ。

そういう中で、同ホテルの場合、宿泊だけでなく、入り口を入ってすぐのラウンジスペースやレストランを仕事やプライベートで利用することで、一日の生活の中で社会課題を意識し、何らかの形で社会貢献につながることができるという仕組みだ。

ラウンジスペースは80席あり、誰でも利用できる。バーの壁面は間伐材でできている

コカ・コーラのベンチをリユースしたベンチ

社会課題を意識する人たちがつながる場所に

部屋数は、シングルルームやキッチン付きスイートなど15室。室内は間伐材を使用するなど、木と植物の緑を基調とした明るい空間だ。

オーガニックコットンのタオルやルームウェア、蛍光灯をリサイクルしたグラス、鉄をリサイクルして作ったハンガー、東京の地ビールなどが備え付けられている。

「社会課題を意識して生活する人たちのつながる場所になって欲しい」と金野慎司・ブライダル担当は話した。

バルコニー ジュニア スイート(最大6名宿泊可能)¥111,282~

客室のバルコニー

スタンダード+バルコニー(シングル) ¥35,078~

企業の研修や合宿にも使えるようなスイートもある

室内家具にはTRUCK(大阪・旭区)のものなどが使われている

客室飲料はローカル・ファーストで選ばれた、渋谷西村のりんごジュースや渋谷のビール、渋谷のコーラなど

日本製オーガニックコットンのタオル

ホテル内のコンビニ「TRUNK(STORE)」

アメニティにも使われているシャンプー類は、国産オーガニックハーブを使用

渋谷で採られたハチミツなども販売されている

レストラン

「一汁三菜」のバランスの良さを取り入れた、世界一のブランチを提供する

屋上のチャペル

披露宴会場

展示場にもなる披露宴会場

トランクホテルHP

(写真=小松 遥香)